05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

無の中に何がある? 名(迷)曲「4:33」に隠された意味とは? 

こんにちは!松浦です。


ひさしぶりに音楽の話をば。


アメリカの作曲家ジョン・ケージが1952年に発表した
「4:33」という曲をご存知でしょうか?

この曲をオーケストラで演奏している
映像がありましたので、まずはご覧ください。





聴こえるのは、

隣人の呼吸音、衣擦れの音、
途中 咳払いに笑い声…

そう、その音すべてがこの
「4:33」という作品であり、演奏なんですね。


では、なぜ「4:33」というタイトルなのか?


それは、
60(秒)×4(分)+33(秒)=273

あらゆる物質が瞬時に凍る-273℃
「絶対零度」をあらわしているんです。


実はこの曲、どんな楽器で演奏してもいいし、
4分33秒じゃなくてもいいんだそうです。
(たとえ37秒で終わっても曲名は「4:33」)


なぜなら、すべてのものが凍りつき、
一瞬にして沈黙する世界ができれば、

それが「4:33」だからだ。

というのが、
ジョン・ケージの意図するところだからです。


でも、だいたいみんな4分33秒間、沈黙の演奏をします。
(まぁ、そりゃそうだろう、笑)



ジョン・ケージがこの曲を作曲したキッカケには、
「白い絵」の画家ラウシェンバーグと、禅の影響があるといいます。

彼は無の中から
何を見出そうとしたのでしょうか。


無から有を生み出すクリエイティビティー、
瞬間に何が起こり、この先どうなるかわからない不確実性、
微動だにしない沈黙を耐える精神鍛錬、
禅問答よろしく 論理の限界、「わかったつもり」の排除…


無音の音楽に込められた密度と情報量は、
思いのほか深く膨大でありました。


Category: 俺の音楽屋話

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: 日記  画像  映画  ブログ  写真  音楽  パソコン  サイト  メール  膨大 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mashirica.blog98.fc2.com/tb.php/433-676e1c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。