10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

持続的競争優位の正体とは? | ストーリーとしての競争戦略(4) | ビジネス書リーディング 

こんにちは、松浦です。
sho.jpg


レーシックを受けて2週間が過ぎました。

水泳を日課にしているんですが、
そういう激しい運動は1ヶ月たってからということで、
泳げないのが辛い今日この頃。

しかたなく、同じジム内にあるスパにだけ通ってます…。



「1日1分ビジネス書リーディング」のコンセプト、
僕が考える読書の必要性については、こちらをご覧ください。




【本日のお題本】

『ストーリーとしての競争戦略』の第4回です。




前回の記事はこちら




【本日のフレーズ】

持続的競争優位の正体とは?



【どゆこと?】

なぜ強い企業は5年、10年と
競争優位を持続していられるのでしょうか?


ちなみに下記のような数字があります。


起業独立後、1年未満で約30%の人が廃業し、

3年未満で残りの約40%の人が廃業。

つまり、

3年未満で約70%の人たちが
失敗していることになります。

さらに、

3年目以降、5年未満で80%の人が廃業になり、
20年後に生き残っているのはわずか4%。

いやはや、世の中はきびしい!


中小企業白書によると
日本人の起業率は人口の3%程度だそうです。

と、考えると、
20年以上サバイブしてきた会社の創業者は、
天然記念物と言っても言いすぎではないかもしれません。



話がそれましたね。


なぜ、これだけ情報技術が発達し、
グローバル化した現代にもかかわらず、

持続的な競争優位をたもてる企業が存在するのでしょうか?


その企業の戦略も、
ポジショニングも、
市場セグメントも、

成功の背後にある
優れた技術や経営ツールも、

その対価を払えば手に入れることができ、
マネすることができるはずなのに!

です。


その理由について、
以下の二つの論理が考えられるのではないでしょうか。


1)
防御の論理(マイケルポーターの移動障壁)


マネしようと思っても
いくつかの障壁があるので完全にはマネしきれない。

だから、競争優位が持続するという論理です。


障壁とは、

先行者優位に基づいて
参入障壁が築かれている(だからマネできない)、

ノウハウの密度が高い
ものづくり能力が構築されている(だからマネできない)

などが考えられます。




2)
自滅の論理(戦略ストーリーの交互効果)


マネすること自体が戦略の有効性を低下させ、
優位性の差が広がるという論理です。


優位にある競合の戦略を分析してみたら…

「なんだ、簡単にマネできそうじゃん。パクっちまえ!」

と、自社にどんどん取り入れてみた。


しかしその結果、

自社の戦略の一貫性が保たれず、
交互作用も期待できない

ちぐはぐな戦略となってしまい、
マネしたことで逆に差が開いてしまった

というわけです。



なぜこのようなことになるのでしょうか?


それは、

優位にある競合が持つ、

オリジナルのストーリーにふくまれていた
戦略の構成要素が生み出す交互的な効果について

十分に理解していなかったから
です。



たとえば、

物販の鉄則は
過剰在庫を持たないことであり、

特にオンライン販売であれば

店舗や倉庫などのコストがかからない
ところがもっともたるメリットなわけです。


しかし、

その真逆をいったのがアマゾン。


ニッチな需要にもこたえた
ロングテール戦略で、

各地にある巨大倉庫にあふれんばかりの在庫を
ストックしています。


倉庫の維持費や、
大量在庫という部分だけを見れば

一見、非効率すぎてありえない選択ですが、


「いつでも誰のニーズにも、すばやくこたえる」
というトータルコンセプトのストーリーで見ると、

そのコンセプトをかなえ、
効率的なオペレーションを実現できるわけです。


そして、その一見、
非効率すぎる戦略が他社の障壁になり、
アマゾンの持続的競争優位性を可能にしているんですね。



【今回のポイント】

■「自滅の論理」となる部分戦略をつくり
他社にマネさせてあげよう


■自社は全体戦略でさらに発展、
他社は勝手に自滅していくことで持続的競争優位がいっそう強固に



では、また次回!



■ふだんは使われない脳の部位を活性化させ、
     記憶力、創造力、発想力をアップする!

● 脳力アップ ソフト 無料プレゼントのご案内 ●


脳の作業速度は最高値でいえば
スーパーコンピュータ並みの性能を持っているといわれます。

にもかかわらず、

私たちの頭は三桁の暗算にも苦労しますし、
1週間前の昼食のメニューも記憶していません。


人間の脳はわずか3%~10%程度しか使われていないと
聞いたことはありませんか?


こうしてみると、いかに私たちは
脳をフル活用していないかがわかります。

ここ数年の研究で一気に解明が進み、
その解明された部分にフォーカスするだけでも、
人間の脳のほとんどが使われていないことがわかっています。


つまり、そのほとんどが使われることなく、
潜在意識として眠ったままになっているのです。

しかし、眠っているだけなら、起こしてあげればよいのです。
そう、ふだん使っていない脳の部位を意識的に使うということです。


今なら、期間限定でパソコンでできる
3つの脳力アップツールを無料でダウンロードしていただけます。


ふだん使われることのない脳の部位を使い、
負荷をかけることで、記憶力や判断力、
創造力、発想力、集中力を高めます。

脳も筋肉と同じで、
使わなければ衰える一方なんですね。

今すぐ無料ダウンロードする





Category: 1日1分ビジネス書リーディング

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: 写真  日記  画像  映画  ブログ  音楽  パソコン  サイト  メール  筋肉 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mashirica.blog98.fc2.com/tb.php/429-19b2ca99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。