08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

1日1分 成功のための ビジネス書リーディング 連載 にあたって 

こんにちは、松浦です。
sho.jpg



日本の読書人口は、
約10%程度といわれています。


読書調査では
月に1冊も本を読まない人は約5割います。

が、残りの人たちが文芸書やビジネス書や経済書などの専門書を
読んでいるわけではありません。


『出版大崩壊』によれば、
経済書やビジネス書の読者は最大400万人としています。
(当然、この数字が導かれた根拠も書かれています。)




1億2000万人の400万人ですから、3%ですね。


僕がお題目のように唱えている
「人生逆張り」の発想からすると、

人よりも少しでも多くの読書体験を積めば、
この3%に入ることになります。



「成功」の定義というのは、
人それぞれですが、

すくなくとも

成功とは少数が成しえるものであるから
「成功」といえる
のであって、

誰でも達成できることは
「ふつうのこと」

なわけです。


「成功法則」なんて言ってしまうと
なんだかマユツバに思われてしまいそうですが、

上記の論理でいえば、

「皆が選ばない方の選択肢を選択する」
「皆がやらないことを、あえてやる」


という行動が
それにあてはまるのではないでしょうか。



そこで、

ほとんど誰もができるはずなのに、
みんながやっていない

「本を読む」という行為。

これをやるだけで
少数派である3%に属することになります。



そもそも読書という行為は

もっとも投資効果の高い投資だと考えています。


その筋の専門家が持つ知識や知恵の結晶を
わずか1500円とか2000円程度で学べるわけですから。

あらゆる投資のなかで
こんなに費用対効果の高い投資は僕は知りません。


人生にはかぎりがありますから、
あらゆることを自分で体験することは不可能です。

しかし、読書なら
作者の経験を疑似体験でき、そのエッセンスを吸収することができます。


読書体験を通して、
人の何倍もの経験を得ることができるんですね。


読書




ここで勘違いしてはならないのが、

「本をたくさん読めば成功できる」

ということではないということ。


本をたくさん読めば成功できるとは限らないけれど、

成功している人は、まちがいなく読書家です。


努力論と同じですね。

努力すれば成功できるとは限らないが、
成功している人は、まちがいなく努力をしています。


努力をしているのに成果が出ないのは、

努力の方向がまちがっている、
努力の仕方がまちがっている、
努力ではないのに努力と思い込んでいる、
努力したという自己満足に陥っている、

いわゆる、

ムダな努力というヤツです。



ところで、

日本の社会システムは、
高度経済成長時代に最適化されるようにできています。

これは今でも変わっていません。

だから、日本人のマインドも
それに適合したままです。


しかし、時代は待ってくれません。


ゆえに、従来の社会システムとマインドと

進み行く時代とのギャップが歪みとして表われてきています。



ロバート・ライシュは、グローバルな世界において、
労働者は、

2割のクリエイティブクラス
(拡張可能なクリエイター or 拡張性のないスペシャリスト)



8割のマックジョブ
(マニュアル通りにやればよく、代替可能なワーカー)

に分かれると予言しました。

実際、アメリカではそうなりつつあります。



個人的に、僕にはマックジョブは無理です。

性格的にも同じことをやり続けるのは向いていないですし、
理想を現実化するには、マックジョブでは不可能だからです。


ということは、
クリエイティブクラス(とりわけ拡張可能なクリエイター)になる必要があるのですが、

そうなると、どうしても差別化戦略が必要になってくるし、
オンリー1(かつナンバー1)の存在になる必要性が出てきます。


そのためにも、人よりも多くの読書体験を積むことが、
必要なことの一つであり、実行するのがもっとも簡単なこと
なんですね。


カギ




そのため、僕は月に20~30冊くらいの本を読みますが、

インプットの量にくらべて、
明らかにアウトプットの量が少ないと思っています。

成果は、(膨大なインプットを行ったうえでの)
アウトプットの量と質に比例しますから、
このままでは、ちょっともったいないんですね。


…ということで、


読んだ本の中から、

そのエッセンスを凝縮したかたちで、
定期的にアウトプットすることにしました。



1回につき、1分~3分で読めるように
まとめていきますので

読書をしたい、読書の必要性は感じているけれども時間がない
という方にもよいのではないでしょうか。


通勤時間や移動時間などの空き時間に
スマホなどから数分チェックするだけで

ビジネス書のエッセンスを取り込んでいただけます。



ぜひ、あなたも一緒に

これからの時代を生き抜き
豊かな人生を実現し、謳歌する
クリエイティブクラスを目指していきましょう!




Category: 1日1分ビジネス書リーディング

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: 写真  日記  画像  パソコン  映画  ブログ  音楽  サイト  メール  エッセンス 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mashirica.blog98.fc2.com/tb.php/425-7b0f64ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。