06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

謙虚、謙遜の美徳 

性懲りもなく、またまた世界陸上ネタを引き合いに出して、

申し訳ないんですけど、選手たちのインタビューを見てて、

ふと思ったんですよ。



日本人の発言が昔と変わったなーと。



昔と言っても十年前とかそんなところですが、

前はもっと謙遜して、

「精一杯がんばります」とか

「もてる力を出し切ります」とか

なんだか煮え切らない物言いばかりだった気がします。



逆に外国人は

「必ずチャンピオンになる」とか

「世界記録を出して優勝する」とか

えらい自信に満ち溢れた言葉をくり出すんですよ。

自分の持つ最高記録が遠く及ばないとわかっていても、

オメーじゃ無理だろ!

なんて突っ込まれてもね。



それが最近、日本人選手も外国人選手に近いような、

具体的で積極的なコメントが多くなってきたなーと思ったんです。



俺は子供の頃から、「謙虚、謙遜は美徳だ」という

日本的モラルに強烈な違和感を持っていました。



だけれども、封建時代の大名行列から続く、

人間の性根はやはり未だに圧倒的ですね。



純粋なスポーツの勝負や芸術なんかに、

そんな美徳は不必要なわけです。



おあつらえの謙虚さは、美徳とされてる

謙遜や謙譲は、

完全に他人に対してのそれであって

自分に向けて言ってるものではないですから。

他人ではなく自分に対して謙虚にならなきゃ!



とかなんとか自分で言っててふり返ってみれば

体裁よく、仕方なく、やってきちゃったことあるなー。

反省ザルに笑われるよ。まったくっ。



うぬぼれや、あぐらを掻いてるとか

そんななまやさしいレベルではないです。



自分への謙虚さに、発言に、

責任を持ちたいと思うのです。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mashirica.blog98.fc2.com/tb.php/170-93060da8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。