06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

65,000人が熱狂するその下で 

人、人、人。



いつもは殺風景な新横浜の小机方面に向かっていく群衆を見て、

2002年のワールドカップを思い出した。



なんつったってACミラン対熱狂的サポーターで知られる浦和レッズの試合だもの。



僕らも赤い軍団(どっちもチームカラーが赤だ)に紛れて一緒に日産スタジアムへ向かう。



ケータイワンセグでサッカー中継を見ながら、試合開始時刻がだいたい何時なのかを探る。

どう見たって競技場の入り口に吸い込まれていく65000人のうちの一人に見えるだろう。





しかし、僕が向かうのは、競技場ではない。





その下にある「日産ウォーターパーク」だ。



つまり、週1回通っているプールである。





イベントや出店であふれる広場から、

階段を上へ登ると競技場、

下へおりるとプール。



下っているのは、僕と友人のふたりだけだ。





何ヶ月か前に、半ばジョークで言っていた

「ミランが試合しているその下で泳ぐことになるかもね」という話が現実になった。

(この日にあたったのはまったくの偶然。というより、当たってほしくなかったのだけれど)。





プールは、僕らふたりの貸切りだ。





この上には、65000人。

下には、2人。





そう考えると、なぜか悲しくなるから、もくもくと泳ごうとするのだけれど、

やっぱ、「おお、今、この上をアンチェロッティが歩いているのだ」とか思ってしまう。



いつもの水泳終了時刻と、試合終了時刻が重なりそうだったので、

いつもより早めに切り上げた。





外へ出てみると、実はまだ後半が始まって少したったくらいのころだった。

でも、さっきまで大騒ぎだった広場は、ほとんど後片付けが終わっていた。

すばやいものだ。出店の焼きそばにでもありつきたかったのに。



写真は、その時のようす。



この30分後、ここは65000人であふれかえるのだ。





























Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://mashirica.blog98.fc2.com/tb.php/15-1970f8fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。