05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

有明パーティー 


ホテルサンルート有明のディナーパーティーに呼ばれて、
とことこ行ってきました。



僕は横浜在住ですが、お台場とか浦安とか湾岸沿いに行くときは、
ラクで時間もかからないのでいつも車でいくのですが、今回はちょっと電車で行ってみました。


初めて”りんかい線”にのって、
別に電車がどうこうじゃないんだけど、
なんでも「初体験」というのは、脳が刺激されていいもんです。


おいしいものを食べて、
ステキなピアノを聴かせてもらって、
いろんな人と出逢えて、有意義な時間を堪能させてもらいました。

ホント、感謝ですね!




スポンサーサイト

Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

飛ぶ鳥を落とす台湾企業 

今や日本の大企業が束になってもかなわない
韓国企業(サムスン、LG)も恐れおののくのが、台湾企業群です。


「飛ぶ鳥を落す勢い」で、すでに競合メーカーをどんどん落としてます。
そんな企業が雨後のたけのこのごとく、次々生まれているのが台湾。


その中でも最も成功しているのが、
台湾の電子機器受注メーカー、鴻海精密工業です。


このメーカー、たとえば、
プレステ、Wii、DS、Xbox、
DELL、HP、iPhone、iPadなどすべて一手に製造しています。


そもそも日本を手本にして、技術・ノウハウを学び続け、
今や、そこに中国の資金力を取り入れた台湾企業の勢いはスゴイですな。


日本の企業は、「どうしたら、サムスンに勝てるか?」
なんて言ってる場合じゃないですよね。







Category: ジジネタ

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

MECEの起源は、デカルトにあった 


ロジカルシンキングのひとつに、
分析対象を「モレなく、ダブリなく」抽出する方法論に
MECE(ミッシー)というのがあります。


デカルトの『方法序説』には、

「難問の一つ一つを、できるだけ多くの、しかも問題をよりよく解くために
必要なだけの小部分に分割すること」

とあります。


今でも(今だからこそ)通用する問題解決の方法論は、
自分の頭で考え、発言することが許されなかった、
360年前の西洋にすでにあったんですね。








Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

4年に一度のぜいたく 


毎日、極上のサッカーが3試合も見られるなんて、
なんてシアワセなんでしょう!
(できれば毎日1試合ずつの、2ヶ月くらいやってほしい、笑)


日本のアウェイ初勝利もコーフン!





Category: 螺旋の日常

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

ノートとネットブックの間。 



ノートPCがもう1台必要ということで、
先日の光回線の申し込みと同時に購入しました。


15インチノートは、持ち歩くのには大きい、

10インチのネットブックは使い物にならない、

ので


その中間である、
ASUS 12.1型ワイドノートPC UL20A Windows7搭載モデル シルバー UL20A-2X044VASUS UL20A-2X044V
を購入。




CPUはセレロンということで、昔のセレロンのイメージがこびりついている僕は
ちょっと躊躇したのですが、デュアルコアということで決めました。

もちろんパワフルとはいかないが、
Windows7が軽いこともあって、まったく問題なし。


Win7 64bit、セレロンデュアルコア、
HDD320GB、メモリ2GBでこの値段はASUSもがんばってます!!



携帯性は、ネットブックとさほどかわらず、
使いやすさや性能はノートに引けをとらないので、非常によいです。




Category: 螺旋の日常

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

神降臨! 


しばらくお休みしていた創作活動を再開。


ふたたびメロディーの神様が降りてくるに違いない!



Category: 俺の音楽屋話

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

地デジ 見られじ。 


ふだん、あまりテレビを見ない僕は、

地デジはまだいいか~

と思っていたのですが、
W杯は見たいので、地デジ移行のよいキッカケと思い、
地デジの電波状況調査を依頼しました。



そしたら、なんと

「電波弱すぎで、アンテナ立ててもアンタのところは地デジ見られません」

とおっしゃる調査員の方。


山奥とかならそういうところもあると聞いていたけど、
こちら大都会 横浜なんですが…



「近くに電波塔あるけど、まだ東京タワーからの電波の方がマシなくらいです。
それでも、弱すぎですけど。プッ」

と前述の調査員。


なんですか?その電波塔、何の意味があるのでしょう??


「今後、スカイツリーも立つし、ウチの近くの電波塔の電波も、
地デジ完全移行時期が近づくにつれ、ゆんゆんと電波が強くなるのですよね?」

と僕。


「望み薄。厳しいです。お上(総務省)がそんな約束してません。
ケーブルか、光しかないですね」

と調査員。



こ、これはヨソウガイダヨ。。



横浜の、こんなふつうの住宅地でもアンテナで見られず、
強制移行の末、ケーブルか光しか選択肢がなく、
テレビ見るのに月額料金を支払うとは…

業者が儲けるための施策じゃないの!

ワンクリックショッピングとか、双方向チャネルとかいらないよ!





でも、ネット回線が8年以上つかい続けたADSLだから、
ネットもテレビも電話も光にしてしまってもいいか。

光に同時申し込みだと、同時購入でパソコンも安くなるから
パソコンも買ってしまおう。


ということで、光回線を申しこみました。

このへん、切り替え早いです。









Category: 螺旋の日常

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

夜と霧 


心理学者である著者が、
アウシュビッツ強制収容所での体験を元に哲学的論考を記した、
「夜と霧」を読みました。

60年以上、読み継がれている書物です。






生きることの意味と、
生かされていることを受け入れざるを得ない、
生々しい体験がつづられています。


飢餓、病気、暴力…
自分の命が、監視員の虫のいどころ一つに握られている恐怖、
いつ終わるとも知れない戦争の、夜と霧の未来…。


こんな絶望の淵に立たされていても、
外面的には縛りつけられ、支配されていても、
内面だけを何人たりとも侵すことのできない、最後の自由がある。


人間は、自分の「存在価値」を
自分、または自分以外の何者かに認められていると、
生きることからは降りられないということ。




「自分の運命を決定づけるのは自分」だと、
至極当たり前のようで、忘れがちな真理を、
甘ったれた日常を生きる僕らに投げかけるのです。







Category: 俺の読書。

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

倉庫番@みなとみらい 


平日の昼下がりに、赤レンガ倉庫のテラスでランチ。


周辺はよく通るけれども、赤レンガの中に入るのは、
実に5~6年ぶりくらいじゃなかろうか?



平日の昼間なのに、中学生~高校生くらいの子らが
多かったのはなぜかしら?

天気がよすぎて学校を早上がりしたんですな!

赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫



その後、時計のブレスを修理に出し、
事務所に戻って、ミーティング的なものを。


どんどん、おもしろくしていきましょう!!





Category: 螺旋の日常

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

3Dパソコンのエクセルで、立体的数字管理! 

3D映画、3Dテレビ、3Dパソコン…。


3D技術はわりと昔からあって、
普及させようと思ってもなかなか普及しませんでした。

ここに来て3Dの時代とか言われてます。

これが時代の趨勢でしょうか。
でも、それって何?(笑)


3Dパソコンが発表されて、飛び出すワード、エクセルができるのかと思いきや、
映像コンテンツのみの対応のようです。



奥行きのある数字管理ができると思ったのに!



数字は嘘をつきません。
(某国のように、出してくるGDPの数字自体がどう見てもつじつまが合わないという
根本的な問題には言及しません)

主観的な人間の思考とは正反対に、客観的な事実を伝えてくれます。

文系だから数字に弱いとか言ってられませんよね。


ひとつのデータ、複数のデータから
そのデータが直接示す事実のほか、
その後ろに隠れている背景、見ようとしなければ見えない真実を
どれだけ汲み取れるか。

立体的に数字を捉えることは、非常に大事と思います。




Category: ジジネタ

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。