03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

「知っているか」ではなく、「できているか」である 


人間、ややもすると知識や知恵として「知っている」と、
それについて「やっている」「やった気になっている」「できている」などと勘違いしてしまうもの。


行動してナンボ、
実践してナンボ。


だたの頭でっかちでは、ほとんど意味がありません!!



スポンサーサイト

Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

Cubase用コントローラー CI2届く 


事務所にCubase用コントローラー兼、オーディオインターフェース
「CI2」が届きました。

CI2 Cubase用コントローラー オーディオインターフェース


ちっちゃいですねぇ。

これなら持ち運びも便利です。
(とくに持ち運ぶ予定はありませんが)


レコーディング中の録音・再生・停止や、
エフェクトのツマミをマウスでクリクリするのは、正直しんどい。

便利ゆえ、コントローラーに慣れてしまうと、
マウスでの操作に戻れなくなるという弊害はあります。



とりあえず、明日のナレーション録音で使ってみよう。

Category: 俺の音楽屋話

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

5年ぶりの同期会 

以前勤めていた会社の同期会がありました!

なつかしい面々。

変わらないようで、成長してました。それぞれ。


おっとり天然系で、入社当時は「大丈夫かよコイツ!?」と思ってた子が、
早口になってしっかりした子になってました。
部下をかかえる身だもんな。そりゃ変わるよね。



会社の同期って、学生の同窓生とはまた違った感覚ですよね。
当然かもしれませんが。



この会社を辞めたのが5年前になりますが
あらためてよくしていただいたなと思い、また感謝の気持ちがわきました。

会社とトラブったりで、後味悪く退社される人もいますが、
辞めるでもできるだけ円満に退社したいですよね。
ワザワザ悪態をついて辞めるなんて、もってのほか。

人間どこでつながってるかわからないし、
いつ助けられるかわからない。
独立・起業なんてしたらなおさらですね。

以外と世間はせまいものです。



Category: 螺旋の日常

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

レインボーワールド 


世の中は自分しだいで見え方が変わります。


たとえば、

気分上々のときは、すべてのものが鮮やかに、
意気消沈しているときは、どんよりくぐもった灰色に。


同じ事象でもどう見るか、どう捉えるかで、
180度違うこともある。


機会はそこかしこに落ちているはず。


Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

情けは人の為ならず 

「情け」を人にかけるのは、

その人のためではなく、

自分のため


「自己肯定感を強化するための行為」ということですね。



でも、それがないと自分に自信が持てず、
人生も立ち行かなくなる。



まずは、自分で自分を認めるところからはじめる。

話はそれからだ。


Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

アイデアの源泉 


僕のアイデアの源泉のひとつは、近くの温泉です。


いえ、横浜は出るとしたら黒いヌメっとした温泉が出るのですが、
こちらの銭湯は温泉ではありません。


がしかし、ここの釜風呂はいろいろなアイデアや
思索をめぐらせるのに最適!

おふろの王様 港南台店


こちら、温泉でないのにもかかわらず、
横浜・神奈川のマイ・銭湯ランキングでは最上位です。


Category: 俺のスパ

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

「仕事」 には二つの質がある 


「仕事」には、

"投資"の仕事

"消費"の仕事

という二つの質があります。



投資となる仕事とは、
将来に積みあがっていく、つながっていく仕事。


消費にしかならない仕事とは、
自分の労働力と時間を交換しているだけの仕事、
その場限りの仕事。



これはもちろん、どの仕事がどちらというものではなく、
従事している仕事のとらえ方、観念の問題です。



つねに「投資となる仕事」を
脳みそに横たわらせておこうと思います。




Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

あなたのスイートスポットはどこ? 

「仕事」に何を求めるか?


新卒時代、就職活動の面接で聞かれたような…?


自己実現・自己成長のため、
社会貢献のため、
家族のため、
お金のため、
生きるため…


まぁ、人によってさまざまでしょう。

でも、どうせだったら好きなことで楽しく仕事がしたい。
好きで楽しいことであれば、長時間でも苦じゃないし、
技術・知識・ノウハウはどんどん蓄積され、精神的にも充実するでしょう。
そうすると、自ずと他とは差別化され、「卓越性」が高まります。


しかし、「好き」で「楽しい」ことは、お金にならない。

仕事は仕事、遊びは遊び。

そう考える人は多い。
それもひとつの価値観だけど、
でも、もっと視野を広げて考えてみれば何かしらの手段があるはず。
一度立ち止まって、そう思考をめぐらせてみる価値もあると思うのです。


まず、自分の「棚卸し」をしてみる。


自分の、

・好きなこと
・得意なこと
・経験があること
・お金になること
・ライフワーク

は何か?

これら5つが重なり合うところが、
あなたのスイートスポットになります。


僕の場合は(今のところ)、

・音楽
・IT
・金融

でしょうか!?

音楽-IT、金融-ITは結びつくのですが、
音楽-金融で市場性のあるビジネスポイントがいまいち浮かんできません(苦笑)。

Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

「偶然を装う必然」から何を取り出すか 

このまえの出来事は「必然」だったのか、
それとも「偶然」だったのか。


その事象が、必然か偶然かの定義は
実はどうでもよくて、
その事象から「何を取り出すか」が重要ではないか。



よって、定義するとすれば
単なる「偶然」と安易にかたづけてしまうよりも、

起こるべくして起こった「必然」と捉えたほうが、
「それはなぜ起こったのだろう?」と考えるので、
生きるうえでは、より有意義なことが多いのでは。



これは何も、運命論者になれというわけじゃありません。
思考のクセをつけるための、
分析技術のひとつとして捉えてもらえればと思います。




Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

クセになってる、万葉倶楽部 


先週、金曜日、真冬以上に寒い日の午前0時、
みなとみらい万葉倶楽部に入ってきました。


雨風がひどい中の露天風呂はサイコーでした!


万葉倶楽部には、3ヶ月に1度くらい入りにいきたくなるんですよね。

だいぶクセになってます。


みなとみらい万葉倶楽部

Category: 俺のスパ

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 2   

6の次に6が出て、また6が出る確率は何ら変わらないのだけれど 


サイコロを振って6が出た。

また振って6が出た。

さすがに、また次も6が出るとは思えない。これが人間心理。


でも、何回目だって6が出る確率は他の目が出る確率と等しい。
毎回、常に中立的なはず。

どれだけバイアスのかかっていない見方ができるか。
先入観を排除できるか。


ものごとの本質を隠しているのは、
自分自身であることが多いのかもしれません。


6のダイス

Category: 俺ってやつぁ

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

木も見て森も見る 



細部の観察力、大部の俯瞰力。

ミクロ的視点、マクロ的視点。

これはやはりどちらが大事というものではなくて、どちらも大事。


さらに言えば、時間軸の概念も必要かと思います。

短期的、中期的、長期的、超長期的。

最近は社会的変化の速度が速いので、
5年、10年などの長期的、超長期的なスパンで見るのは意味がないという見方もありますが。


そして、歴史観。

最近は、歴史がちょっとしたブームで「歴女」なんて言葉もありますね(笑)。


僕の好きな言葉に、

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」

というのがあります。


自分の経験だけを元にしているのでは心許ない。
(言うまでもなく、自ら経験・体験するのは最重要事項)
それだけでなく、歴史や他者の知識、経験、体験などからも学ぶ必要がある。


歴史はかたちを変えてくりかえされます。
人間の「本質」はそう変わらないから。

そのちょっとずつの変化が、
螺旋的進化なのですね。

ニュータイプが出てくれば劇的に変わるかな??(笑)


Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

非日常の日常化サイクル 


脳はつねに新しい刺激を求めます。
ワクワクするような行動や思考を、意図的に行っていきたいです。


でも、脳はとってもなまけもの。

あたらしい情報を欲しがるくせに、
いらないと判断した情報は勝手に排除して、ラクに処理しようとします。


そして、人間は慣れる生き物。

非日常的なことでも、それが日常化されてしまえば、
特段刺激はなくなります。

だから、つねに非日常を求めるよう努める。


非日常といっても突飛な行動とかではなく、
新しい本を読むでもいいし、いつもとは違う道で帰るのでもいいし、
こうやってブログに文章をしたためることでもよいと思います。

ようするに、同じ行動するにしても、いつもと違うアンテナを立てておく。


非日常の日常化サイクルを螺旋的に進化させていきます。





Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

桜のシーズン 

先週末で今年の桜も見納めだったかな。

隅田川沿いの桜

隅田川沿いの桜

Category: 螺旋の日常

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

明日だって明後日だって50年後だって、 夕日はいつも綺麗だよ 


テレビをつけたら、「ALWAYS 3丁目の夕日」がやっていて思わず見てしまいました。


東京タワー 建設中



何の因果か?
次の日、たまたま押上まで行く用事があったのです。

地下から地上に出ると、東京タワーを5メートルほど超えたスカイツリーが現れた。

スカイツリー 建設中


スカイツリー隣の川面に、逆さ富士ならぬ「逆さツリー」がうつるとのこと(?)だが、
こんなに小さい川だったとは思わなんだ。

スカイツリー 横の川



50年後の夕日にとって、
東京の空は少しばかりきゅうくつになったようだ。

東京の夕日




Category: 螺旋の日常

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

みんな一緒 


日本も、群れる時代、一億総中流、みんな一緒 の社会は終わりを告げました。


これからは、個のチカラがものをいってきます。


しかし、個のチカラではたかが知れているので、
自分にはないすぐれた能力を持った個とアライアンス(提携)していく
ことになります。


でも、高度経済成長から40年ほど続いた「みんな一緒」の価値観は
すぐには切り替えられない。

だから、今のうちに個のチカラを鍛え、みんなと違うことをやるチャンスじゃないかと思っています。



Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

人生逆張り!5%ルール 


僕が勝手につくって座右の銘にしている言葉に


「人生逆張り、投資は順張り」


というのがあります。


「順張り」「逆張り」はいわゆる投資用語なので、
一般にはなじみのない言葉かもしれません。


ようは、

人生においては、みんなと逆なことをやる、みんながやらないことをやる(=逆張り)
投資においては、大多数の流れについていく、トレンドに逆らわない(=順張り)

ということが、成功への秘訣だと思っているからです。

しかし、人生も投資も「リスクテイカー」でないと勝てない、のがポイントかと思います。




そして、逆張りの指針としているのが、「5%ルール」



日々、人間は大なり小なりさまざまな選択をしながら生きています。

その選択をするとき、人があえて選ばないほうを選ぶようにする。
選択するほうが、日本の人口やいろんな統計の5%以内しかいないようなことであれば、しめたもの。



・このご時世に会社を辞めて起業する
(2009年、起業する人の割合は2~3%だったらしい。ふだんは5%程度)

・みんなが消費や投資を控えるなか、消費欲を燃やし、投資などの勉強や実践をしてみる
(不況だと、みんなの身も心もお財布も縮こまります。まさに逆張り。)

・1ヶ月に7冊以上の本を読む
(1ヶ月に5~6冊読む人が3.3%。1冊も読まない人が47%)



このような選択が正解かどうかはわかりません。
そもそも正解などありません。












Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

楽しいことだけをやる 

「人生は冥土までの暇つぶし」


とは、コラムニスト島地勝彦さん今東光大僧正の言葉。

味わいありますね~。



僕は、どうせ暇つぶしであれば、楽しいことだけをやって暇をつぶしたいです。
暇つぶしなんだから、ツライことはしたくありません、やる必要もありません。

逆境に陥ることもあるけれど、どうせ暇つぶしなんだからちょうどいいじゃないか。
ラッキーじゃないか。


ひとりで楽しんだところでつまらない。
どうせならみんなで楽しいことをした方が100倍楽しい。

ひとりで1億かせぐより、
10人で100億かせぐほうが楽しい。


どうせ死ぬんだから楽しいことをしなきゃ損じゃないか!


シェリー


Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

逆境はむしろラッキー 


逆境と思われる状態に陥ったとき、自分の中でそれをどうとらえるか。


つらい、逃げたい、もう嫌だ

と思ってしまうか(まぁそれがフツーかも)、


これはネタになる、浮上のチャンスだ、夜明け前が一番暗い

と思えるか。


とらえ方しだいでどうにでもなる。自分しだいでどうにでもなる。

人生、逆張り思考でいけば、逆境はラッキー。


sunrise


Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

Inter Corei5 PCが届いた 


新しいパソコンが届きました。

以下のようなスペックです。


CPU:Inter Core i5 750
マザボ:GIGABYTE GA-P55M-UD2
グラボ:GeForce210 512MB
メモリ:2GB
HDD:250GB

58000円ナリ。

CPU以外はたいしたことないですね。
でも、Core2 E8400からの乗り換えなので、体感速度がかなり速く感じます!
i5 750はクァッドコア(CPU4つ)なので、コア数が単純に2倍。
マルチタスク処理でその速さを実感しました。

Core i7と迷いましたが、コストパフォーマンスのよい5にしました。
i5とi7では、性能差にくらべて価格差がバカにあります。
(旧i7だと同じくらいですが、それと比べるとi5の方がパフォーマンスもよいみたいですね。)

今年になって、i5 750の下位モデル600番台などがラインアップに加わりましたが、
600番台以下はコア2だそうです。これじゃCore2から替える意味はなさそうでした。


Category: 進化のたわごと

Thread: PC買い替え

Janre: コンピュータ

tb 0 : cm 0   

デフレ時代の牛丼安値戦争 

質にこだわり、あまり値下げを行わなかった吉野家が
ついに業界最安値の、牛丼並盛り270円のキャンペーンを4/7~13日の間おこなうようです。


しかし、業界最安値も2日間限り。


なぜなら、すき家が4/9~21日まで、牛丼並250円のキャンペーンを展開するからです。
(松屋も4/12~23日に250円キャンペーンを展開)


米国産牛肉にこだわり、競合よりもコストの高い吉野家は、
その質をわかってくれるリピーターに自信を持っていたようですが、
じわじわ競合(特にすき家に)顧客を奪われていたようです。


これはおそらく苦渋の決断でしょうね。

マーケティングの基本で言えば、安値戦争に未来はないからです。

短期的にキャンペーンで利益を上げても、その反動があります。
値下げで得た利益は、未来の利益を先取りしただけ。

一時的に戻った顧客に、キャンペーン終了後にも
継続的に来店してもらう戦略が必要です。

しかも、一度値下げしてしまうと上げづらい。
心理的に安い価格が基準になってしまい、元の値段に戻しただけなのに「高い」と思われてしまう。

しかし、このデフレ時代、お客は安いところに流れる…。


そういえば、リコール問題で揺れるトヨタも、
プリウスを発売するとき、ホンダのインサイトに対抗して、
定価を30万円ほど値下げしました。

「高品質のトヨタ」というブランドで顧客をつかんでいたトヨタ自動車が、
安値戦争に参戦した瞬間でした。

そして起きたリコール問題。


景気や時代は"流れ"がありますから、
一時的な現象との見方もできますが、
大きくハンドルを切ったとき、
それはクルマのように簡単には修正の効かない方向かもしれません。




Category: ジジネタ

Thread: 知っておいて損はない!!

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

ボッテガヴェネタの長財布 

これまでの頑張りと、これからのがんばりに!

心機一転、春のおとずれ(まだ寒いけど)、新年度!

ということで、財布を買い替えました。


以前から、目をつけていた「ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)」の長財布。


なにやら、金運アップ最強の財布らしいですよ!
長財布(お札を折らない)、黒に金のファスナー、カード入れが8つ…なところとかが(笑)。


今まで使っていたものよりも、若干デカイんですが、
思いのほか、かなり使い勝手がよい!

手触りもやわらかくてなじみます。
ラム皮だとか。



「がんばろう!」って気持ちにさせてくれますね。

それが大事。


ボッテガヴェネタ長財布



Category: 俺ってやつぁ

Thread: いやっほぅ(*´∀`*)ノシ+゜

Janre: 日記

tb 0 : cm 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。