04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

衝撃! 

【音楽】

スタジオにて初のバンド(3ピース)リハーサル。

初回だったけど、おぼろげに先が見えてきた感じで

手ごたえあり。生ドラムは衝撃的興奮を覚えます。

これは3ピースじゃキツいだろうって曲が案外イケてたり、

これは大丈夫だろうと思ってた曲がボロボロだったり、

どうなるかわからないもんだぁねぇ。

それがまた、いとおかし。



【F1】

哀れなりライコネン・・・。

はじめからトップ突っ走ってたのに

ラスト1RAPでサスペンション折れとは。

あの瞬間の映像は衝撃でした。

つかみかけていた10POINTがスルっと

すべり落ちての0POINT。まさに天国から地獄。



【お馬】

10年くらい前はハマっていた時期が

ありますが、最近はサッパリ。

でもあれだけ話題になってればねぇ。

まさに「深い衝撃」。あの勝ちっぷりはスゴイの一言。



【FOOT BALL セリエA】

過去に例を見ない衝撃的な残留争い。

三つ巴どころか何巴?

毎度、優勝争いよりおもしろい残留争い。

そりゃA→Bに落ちればクラブにとっては、

収入面で洒落にならん大打撃だもんね。

中村のレッジーナ、中田のフィオレンティーナは

めでたくセリエA残留。

代表でもがんばっていただきたい。



スポンサーサイト

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

マイナスに賭けろ! 

岡本太郎美術館に足を運んでまいりました。



う~ん、びっくり!スゴイ山の中にあんの!

山というか生田緑地というなんか山全体が公園みたいなところの中に。

隣には昔の藁葺き屋根の日本家屋展示場みたいなのが

あったり、おもしろいですねぇ。

あと専修大学がありました。

あの緑の多さには癒されますね。癒しのくうかん。



絵だけじゃなく、彫刻、写真、モニュメントいろいろありますね。

岡本太郎のアートって強烈なんだけど、かわいらしさがありますね。

でも、何点か異常に強烈に見入ってしまったキャンバスがありました。

タイトルは忘れましたが。。

アートだけじゃなくて、沖縄文化論や縄文文化などにも造旨が深いんですねこのお方。

あーと、世間にも積極的に出て行ってモニュメントなどを製作してますね。

オープンですねこのお人。

俺が前住んでた浦安にどデカイ公園があって、

そこにも岡本太郎のモニュメントがあったもんな(懐)。

駅とかいろんなとこにあるのよね。



あと、著作物。まだ一冊も読んだことないので、

読んでみようと思っとリます。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

×アンブロジーニ→○セルジーニョ 

今日もフットボール。

連敗で中東ツアーに行ってらっしゃ~い!

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

鳥肌実も鳥肌!欧州CL決勝!! 

誰が予想しました!?こんな展開。

大勢の人が前半でミラン決まりと思ったんじゃないですか?

フットボールの女神は実に気まぐれですね。

後半早々アッという間に同点、ふり出し。

延長含め120分で決着つかずPK戦へ。



ミラン先行でいきなりアンブロジーニがふかす!

プレッシャーでしょうかね~。

最後、シェフチェンコが外せばリバプールの優勝決定の場面。

あのシェフチェンコがまさかの失敗!

妙にボールを蹴るまでの間が短かったのがすごく印象的でした。

俺にはプレッシャーに押しつぶされないように、

冷静さを装ってサッと蹴ったように見えました。

デュデクのゆさぶりもなかなかウザく、いい感じでしたね。



まさに歴史的一戦。

しかしカカは天才ですな。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

いつのまにか晴れ 

最近、五月晴れってやつ?

雲もほとんどない澄みきった青空。

わりと涼しかったりもする。

気持ちいいですね。



でも、今日の横浜周辺の混雑はすごかった。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

★マンスリーライブ★ 

5月22日のライブにおこし頂いた皆様ありがとうございました!

この日曜の企画ライブは、出演者も多く、時間も長く、

それでいて実際の演奏時間は短いので、

演る方も見る方もなかなか辛いイベントではあります。



来月は6月23日(木)

場所:代官山アートステージバース

時間:OPEN18:00(マシリカはトリの5番目21:00~)

となっております。

5バンドしか出ないし、時間も長めなのでぜひ。



しかも次回からマシリカ新展開です。

期待にそえるか、それ以上か、はたまた裏切るのか。

我々も未知数への挑戦でどうなるか想像がつきません。

どう転んでもそれもまた、いとおかし。

Like a Rolling Stoneで。



どうぞお楽しみに!

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

自己満フェスティバルVOL.1~手持ち楽器其ノ一~ 

これは、ホームページを立ち上げた頃からやりたかった

わたしの持ってる数ある楽器・機材類を紹介するという、

ありきたりであると同時に、自己満足にどっぷり浸るという企画です。



トップバッターは現在のメインギター、



GIBSON USA社製

レスポール スタンダード

ワインレッド 2000年製。



トラ杢でもなく、サンバーストでもなく

なぜかワインレッドのものを探していたのです。

かつ生鳴りが最も良かった一本。

レスポールはネックが弱く折れやすい、

しかも重い!わたしのチカラではラ振り回したり、

天井に投げたりもできません。頭の上では弾きましたが。



レスポールというと「ガンガン歪ませてロック」という

イメージがあるが、きわめてクリーンとちょっと

ドライブした感じで使っております。

改造はしてませんが、ピックガードは取り外しました。



レコーディングにライブにと使っているし、

基本的に手荒なもんで、だいぶキズが。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

堀下さゆりさんLIVE 

14日の土曜日に、このVOICEでもチラっと書いた

堀下さゆりさんのメジャー初ワンマンライブに行ってきました。

今回はそのレポを。



俺は初めて彼女の歌を聴いたのだが、

ピアノ(キーボード)弾き語りをベースにしたもので、

今回はワンマンということと、メジャーのチカラか

9人編成のバンド形式でした。

と言っても曲目の半分くらいは、弾き語り、または

アコースティックな感じでしたね。

パーカスが二人もいてなんとも羨ましい編成で

これがまた細かいことをやりおる。



曲の雰囲気は、本人の人柄も自然に出ている感じで、

あったかい、ふんわりした、やさしいなどの

形容がふさわしいものでした。

低音の声の出し方がクラムボンの原田郁子にそっくり。

ふとしたところに矢野顕子の影響も感じたのは俺だけかしら。

どんなライブを見ても常に分析的になってしまう、

音楽をやってるものの悲しきサ・ガ!



今回のライブ会場だった「渋谷DUO」。

なかなか良さげな会場でした。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

写真を撮られると魂を抜かれます。 

先日、スタジオで練習の後

事務所にアーティスト写真の提出を求められていたので、

写真好きの友に頼んで撮影会開催。

スタジオ時間の関係で、夜になってしまい

昼間の絵がとれなかったのが残念。

気づいたら200枚以上も撮っていました。

これからいろいろなところで使われるかもしれません。



写真は肉バカ定食とサバの煮付けを食らう図。

「マシリカって庶民派!?」と思われがちな一枚。

庶民だもん。音楽は違うけど。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

マハラ・ライ・バンダ来日公演 

六本木ヒルズアリーナにルーマニアのジプシーブラスバンド

「マハラ・ライ・バンダ」の来日公演にDancingしに行ってきました。

「タラフ・ドゥ・ハイドゥークス」の伝説のミュージシャン、

故ニコラエ・ネアクシュ(vo,vn)の甥っ子三人が在籍。

マハラには、タラフの音楽の伝統も生きている!



初めて行きましたよ。六本木ヒルズ。そしてアリーナ。

ってなんかヒルズの中庭じゃん!!屋外円形会場でおもしろい作りでしたね。

キャパは500人くらいですか。もうちょっと入るかな。



しょっぱなの曲から踊る踊る!

ルーマニア人と一緒にLet's Dancing!

俺、結構ステップ踏めんじゃん(笑)。



ライブ時間は約1時間半もなかったような。

もうちょっと長かったらよかったですね。

演ってる方は大変でしょうが。

ほとんどノリ重視の高速ブラスですからね。

たまにはこういうライブもいいね。



Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

メーデーは転校生 

昨日のメーデーは相方のご友人バンド、「転校生」を見に行ってきました。

先月はマシリカのライブにも来てもらったしね。

我々の音楽とは違って、完璧なまでのギターロック!

素朴なロックでいい感じでしたよ。

やっぱバンドっていいなーと思ってしまいました。

場所はバンドの聖地、下北沢だったんですが、

たぶんね、生まれて初めて踏みました。下北の大地。



ライブ終了後、先日めでたくメジャーデビューを

果たした掘下さゆりさんを

交えて飲み。ちゃっかりマシリカの音源を渡したのでした。

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。