05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

Yahooリスティング スポンサードサーチで審査が通らない場合のチェック項目 

■昨年、Yahooリスティングが大幅にリニューアル
(スポンサードサーチとインタレストマッチが統合)されました。


それに伴い、Yahooリスティングの広告運用ポリシーが変更になり、
一言でいうと「厳しく」なりましたね。


Googleアドワーズに比べて、Yahooはゆるかったのですが、
アドワーズと同等か、それ以上に合わせてきました。


そのため、これまで通っていた広告や、キーワードの
審査が通りにくくなりましたね。
(今までがゆるすぎたとも言えるかもしれません)


■また、これまで運用できていた
既存の広告やキーワードも、突然審査が入り、
不承認になると、アカウントそのものが停止になる場合があります。

私のクライアントさんからの相談事例を元に、
その時にとった対処方法とその手順、
どこをチェックしたらよいのかをシェアします。


■まず、基本的なところで、

Yahooリスティングの「アカウント名」が、
広告先のサイトの運営者(または運営元、責任者など)と一致していなければなりません。)

ここが異なっていると、
審査は通りません。

ただ、漢字、ひらがな、カタカナ、英字など
文字表記を必ず一致させる必要はないようです。


■また、左側のメニューに「審査状況」という項目がありますが、
そこに広告やキーワードなど、何かしらの項目があると再審査を希望しても通りません。

ここは、自分でいちいち削除してから、
再審査要請を行わなければなりません。


■再審査要請ですが、
「ダッシュボード」の下部にある

「スポンサードサーチに関するお問い合わせ」か、

電話でもお願いすれば受け付けてくれます。

意外と電話はつながりやすく、
メールで依頼するよりも早い場合が多いです。

ただ、この電話は審査の部署ではないということなのですが、
再審査の旨を伝えると、その要望を審査部署へ速やかにまわしてくれます。

今回の場合、1営業日で再審査の結果が通知されました。


■こんなところが、広告文やキーワード、掲載サイト以外での
Yahooリスティング広告ポリシーの基本チェックポイントです。

広告文やキーワード、掲載サイトについては、
ガイドラインを見ていただいて、修正をかけていってください。

たとえば、広告文でいえば「!」エクスクラメーションは1回まで、
「・」「。」は連続してはならない。「…」はOKなど細かく規定されています。


サイトについては、
長文のペラページ(1ページのみのセールスレターサイト)は、
審査に通らなくなりました。

心理的な危機意識をあおったり、
商品・サービスのメリットやベネフィットを
過剰に演出するような文章が含まれるサイト構成は即却下されます。


■ちなみに、アドワーズでは、何度も再審査を要請すると、
ドメインレベルでフラグが立ち、何をしても審査が通らなくなります。

そうなってしまうと、たとえポリシーに沿った変更を行っても、
二度とそのドメイン配下のサイトは通りません。


一方、Yahooの場合、(今のところ)何度再審査を要請しても、
自動で却下されることはなく、審査員の目視でチェックが行われています。




スポンサーサイト

Category: 俺の売れる仕組み

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: 写真  日記  画像  映画  ブログ  音楽  パソコン  目視 
tb 0 : cm 0   

メディアと連動したマーケティングの仕組みを構築する 

こんにちは!
グランドミュージックの松浦です。


僕がマーケティングを請け負っている
アメリカ式ボーカルスクール VoiceFreaks ですが、

こちらの記事でも書きましたが、
7/9(土)に全国放送で紹介されます。

現在、オンエアに合わせて、
ウェブ上のマーケティングの仕組みを構築しているところです。


テレビでも雑誌でも、何かしらのメディア媒体で紹介されれば、
自ずとホームページのアクセスは急増します。


せっかく紹介されても、されっぱなしじゃもったいないですよね。


そこで、ホームページやブログ、Facebookなどに仕掛けを施して、

アクセスしてきた方に
何かしらのアクションを取ってもらう仕組みを構築しておきます。

紹介メディアと自分のメディアを連動させることで、
その成果にレバレッジがかかるわけです。




さて、

商売の基本はというと、「リスト」です。

リスト取り。

つまり、ウェブマーケティングで言えば、
「Eメールアドレスをどれだけ登録してもらえるか」

が、まず最初の勝負どころです。



江戸時代の商人は、
たとえば、自分の店が火事など災害にあったときに、

地面に穴を掘っておいて、
逃げるさいに顧客台帳をその穴に放り込んで逃げたそうです。

なにはなくとも顧客台帳だけは消失しないように。


顧客台帳さえあれば、
店はなくなってしまっても、
買い手(顧客)には困らないため、すぐに商売が再開できるからです。



その顧客台帳の初めの一歩となるのが、
現代でいえば、

メールアドレスです。

サイトを訪れた人のメールアドレスを集めるところからはじめます。



具体的には、

自分のサイトのトップページの目立つところに
メールアドレス登録フォームを用意しておきます。

登録を促すには、
たとえば、

・サイトを訪れた人の役に立つようなメールマガジン

・興味ある情報が書かれたEブック

・動画コンテンツ

・お役立ちツール

・割引券


など、無料でサイト訪問者のベネフィットをかなえるものを提供してあげると
メール登録率はかなりのものになります。


ここで登録してくれた方は、今後、あなたのビジネスにおいて、
有力な見込み客となってくれる可能性を秘めています。


どう有力な見込み客に育てていくかは、
また次回書きたいと思います。

Category: 俺の売れる仕組み

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: 写真  日記  画像  パソコン  映画  ブログ  音楽  メール  商人 
tb 0 : cm 0   

Facebook活用術!その備忘録。 

こんにちは!松浦です。


先日、フェイスブックの会員数が、
300万人を突破したというニュースを読んで、
関連本を30分ほどで読んでみました。

僕はフェイスブックのアカウントは持っていますが、
フェイスブック関係の書籍は読んではいなかったので
よいキッカケでしたね。


その備忘録的なものです。

なので、「なぜそうなのか?」
という理由までは説明していません。




読んだのはコレ↓






■「いいね!」ボタンについて

これがフェイスブック最大の特徴であり、
最強のツールだと思います。


・1クリックでリンクが貼れる

・1クリックで気軽にコミュニケーションが取れる

・外部サイトにもボタンが設置できる

・他の人が「いいね」ボタンを押すことで、
相手のウォール、相手の友達のウォールにまで、情報が流れる

・「いいね」が30個も付くと、インプレッションで3000~5000を超えてくる
→最強のクチコミツール

・定期的に「いいね」ボタンを押し合える、「いいね」友達を作る

・「いいね」数の目標は、平均5程度
10以上だと完全自立。ちょっとがんばるだけで手に入る影響力!

・なんともいえない距離感を縮めてくれるのが「いいね!」



■リアルでつながってこそのフェイスブック

日本ではネット=匿名文化で来ましたが、
それをフェイスブックが変えるか。

一般ユーザーにはそのカルチャーが浸透しなかったとしても、
フェイスブックページは検索に出るので、
ビジネスツールとして有用です。

となると、顔が見えないぶん、ウェブ戦略として、
信頼感が必須なので、ビジネスとして活用するには、
実名が必須となるでしょう。



■影響力が出るウォールの使い方(パーソナルブランディング)

1.写真を投稿する
動画は音が出るので、TPOを選ぶ

2.時事ネタを投稿する

3.動画を投稿する

4.名言、格言を投稿する

5.あいさつを投稿する

6.他人の投稿記事をシェアする



■ファンページについて

・共通の話題で盛り上がれるテーマ設定

・ファンにより自動で更新される

・クチコミでファンがさらにファンを呼ぶ


→この流れを構築したい



<ファンの増やし方>

1.ネーミング
頭の数文字は覚えやすいく、入力しやすいもの


2.写真


3.ネタを用意
毎日投稿。数行でもかまわない。
開設する前に継続できるだけのネタを用意しよう。

オリジナルだけでなく、関連するニュースサイトなどを押さえておくとよい。

オリジナルと引用記事の
コンテンツの使い分け。


4.配信スタイル
運営者が定期的にオリジナルコンテンツを「ノート」や「動画」を使って更新していくスタイルが理想


●ウォールというのは・・・いうなれば、ツイッター

●ノートというのは・・・いうなれば、ブログ

●機能連携…フェイスブックで投稿⇒ツイッターに自動投稿
逆もできるが、この流れがよい



5.友達に紹介する
ファンページが充実してきたら、自分のお友達に紹介する
「いいね」が25人を超えるとオリジナルURLが設定できる



6.シェアする
ファンページに書いた投稿を、自分の個人アカウントや自分の所有するほかのファンページでシェアする。
自分のアカウントへのシェアはボタン1つででき、他のファンページでのシェアは、
記事の個別URLを張ることで紹介可能。


ファンページに集まっている人たちに

「この情報・サービスは本来有料でもいいんじゃないか?」

そう思わせるコンテンツを提供しよう。


それはどんな情報?

→「ひとつ前の段階で必要となる情報」



Category: 俺の売れる仕組み

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: ブログ  音楽  映画  パソコン  画像  日記  写真  サイト  メール  コンテンツ 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。