07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

民放各社がスマートビエラのCM拒否。テレビ局の終わりの始まり 

パナソニック新型テレビ『スマートビエラ』のテレビCMを
民放各社が拒否!

というニュース。


このスマートビエラ、何が特徴かというと、

テレビ放送とインターネットを“並列”的に扱った
はじめての機種らしい。


いうなれば、

テレビの電源をつけると、

地上波を見るか、
YouTubeを見るか 選べる

というわけです。


恐ろしや~!

なにが恐ろしいかって、


テレビメディアが行ってきた、
洗脳、歪曲、嘘言、無報道など
ネットが登場してから次々に暴かれてきたわけですが、

ついに、

主としてテレビからしか情報を取得しない人たちにも、
テレビ局にとっての“不都合な真実”が暴露されうるときがきた
ということ。

ゆえの「CM拒否」。

よっぽど不都合なのですね。


観点をかえれば、

大資本と小資本が同じ土俵に上がる“フラット化”が
巨大メディアの世界にも訪れたということ。


国民の財産である「電波」を、
ごくわずかな大手メディアが、
ごくわずかな利用料で独占的に分け合ってきたメディアワールドに、

たった一人の個人でも渡り合える時代が、
(本格的に)到来したということです。


スポンサーサイト

Category: ジジネタ

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: スマートビエラ,CM 
tb 0 : cm 0   

Googleショッピング 公開 


Googleの新サービスとなる価格比較サイト

「Googleショッピング」

がオープンしました。

元は「Googleプラダクトサーチ」ですね。
たまに使っていました。


検索ボックスに好きなキーワードや商品名を入力すると、
パートナーとなっているECサイトを横断検索し、商品名や画像、価格を一覧表示します。

Android/iPhone版も近日中に公開予定らしいです。


ECサイト側は、Google Merchant Centerから商品を登録できるようになっています。



どうやら、Googleショッピングの公開を受けて、
競合となる価格.comの株価も下がったようです。
使い勝手は価格.comに一日の長があるでしょうが、
Googleが相手になるわけですから。


ネットメディアのあらゆるサービスが
すべてGoogleの手中に…

「未来は僕らの手の中」とつぶやいているかも。






Category: ジジネタ

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: 検索ボックス  ブログ  音楽  映画  パソコン  画像  日記  写真  サイト 
tb 0 : cm 0   

飛ぶ鳥を落とす台湾企業 

今や日本の大企業が束になってもかなわない
韓国企業(サムスン、LG)も恐れおののくのが、台湾企業群です。


「飛ぶ鳥を落す勢い」で、すでに競合メーカーをどんどん落としてます。
そんな企業が雨後のたけのこのごとく、次々生まれているのが台湾。


その中でも最も成功しているのが、
台湾の電子機器受注メーカー、鴻海精密工業です。


このメーカー、たとえば、
プレステ、Wii、DS、Xbox、
DELL、HP、iPhone、iPadなどすべて一手に製造しています。


そもそも日本を手本にして、技術・ノウハウを学び続け、
今や、そこに中国の資金力を取り入れた台湾企業の勢いはスゴイですな。


日本の企業は、「どうしたら、サムスンに勝てるか?」
なんて言ってる場合じゃないですよね。







Category: ジジネタ

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

3Dパソコンのエクセルで、立体的数字管理! 

3D映画、3Dテレビ、3Dパソコン…。


3D技術はわりと昔からあって、
普及させようと思ってもなかなか普及しませんでした。

ここに来て3Dの時代とか言われてます。

これが時代の趨勢でしょうか。
でも、それって何?(笑)


3Dパソコンが発表されて、飛び出すワード、エクセルができるのかと思いきや、
映像コンテンツのみの対応のようです。



奥行きのある数字管理ができると思ったのに!



数字は嘘をつきません。
(某国のように、出してくるGDPの数字自体がどう見てもつじつまが合わないという
根本的な問題には言及しません)

主観的な人間の思考とは正反対に、客観的な事実を伝えてくれます。

文系だから数字に弱いとか言ってられませんよね。


ひとつのデータ、複数のデータから
そのデータが直接示す事実のほか、
その後ろに隠れている背景、見ようとしなければ見えない真実を
どれだけ汲み取れるか。

立体的に数字を捉えることは、非常に大事と思います。




Category: ジジネタ

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   

デフレ時代の牛丼安値戦争 

質にこだわり、あまり値下げを行わなかった吉野家が
ついに業界最安値の、牛丼並盛り270円のキャンペーンを4/7~13日の間おこなうようです。


しかし、業界最安値も2日間限り。


なぜなら、すき家が4/9~21日まで、牛丼並250円のキャンペーンを展開するからです。
(松屋も4/12~23日に250円キャンペーンを展開)


米国産牛肉にこだわり、競合よりもコストの高い吉野家は、
その質をわかってくれるリピーターに自信を持っていたようですが、
じわじわ競合(特にすき家に)顧客を奪われていたようです。


これはおそらく苦渋の決断でしょうね。

マーケティングの基本で言えば、安値戦争に未来はないからです。

短期的にキャンペーンで利益を上げても、その反動があります。
値下げで得た利益は、未来の利益を先取りしただけ。

一時的に戻った顧客に、キャンペーン終了後にも
継続的に来店してもらう戦略が必要です。

しかも、一度値下げしてしまうと上げづらい。
心理的に安い価格が基準になってしまい、元の値段に戻しただけなのに「高い」と思われてしまう。

しかし、このデフレ時代、お客は安いところに流れる…。


そういえば、リコール問題で揺れるトヨタも、
プリウスを発売するとき、ホンダのインサイトに対抗して、
定価を30万円ほど値下げしました。

「高品質のトヨタ」というブランドで顧客をつかんでいたトヨタ自動車が、
安値戦争に参戦した瞬間でした。

そして起きたリコール問題。


景気や時代は"流れ"がありますから、
一時的な現象との見方もできますが、
大きくハンドルを切ったとき、
それはクルマのように簡単には修正の効かない方向かもしれません。




Category: ジジネタ

Thread: 知っておいて損はない!!

Janre: ビジネス

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。