05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

Yahooリスティング スポンサードサーチで審査が通らない場合のチェック項目 

■昨年、Yahooリスティングが大幅にリニューアル
(スポンサードサーチとインタレストマッチが統合)されました。


それに伴い、Yahooリスティングの広告運用ポリシーが変更になり、
一言でいうと「厳しく」なりましたね。


Googleアドワーズに比べて、Yahooはゆるかったのですが、
アドワーズと同等か、それ以上に合わせてきました。


そのため、これまで通っていた広告や、キーワードの
審査が通りにくくなりましたね。
(今までがゆるすぎたとも言えるかもしれません)


■また、これまで運用できていた
既存の広告やキーワードも、突然審査が入り、
不承認になると、アカウントそのものが停止になる場合があります。

私のクライアントさんからの相談事例を元に、
その時にとった対処方法とその手順、
どこをチェックしたらよいのかをシェアします。


■まず、基本的なところで、

Yahooリスティングの「アカウント名」が、
広告先のサイトの運営者(または運営元、責任者など)と一致していなければなりません。)

ここが異なっていると、
審査は通りません。

ただ、漢字、ひらがな、カタカナ、英字など
文字表記を必ず一致させる必要はないようです。


■また、左側のメニューに「審査状況」という項目がありますが、
そこに広告やキーワードなど、何かしらの項目があると再審査を希望しても通りません。

ここは、自分でいちいち削除してから、
再審査要請を行わなければなりません。


■再審査要請ですが、
「ダッシュボード」の下部にある

「スポンサードサーチに関するお問い合わせ」か、

電話でもお願いすれば受け付けてくれます。

意外と電話はつながりやすく、
メールで依頼するよりも早い場合が多いです。

ただ、この電話は審査の部署ではないということなのですが、
再審査の旨を伝えると、その要望を審査部署へ速やかにまわしてくれます。

今回の場合、1営業日で再審査の結果が通知されました。


■こんなところが、広告文やキーワード、掲載サイト以外での
Yahooリスティング広告ポリシーの基本チェックポイントです。

広告文やキーワード、掲載サイトについては、
ガイドラインを見ていただいて、修正をかけていってください。

たとえば、広告文でいえば「!」エクスクラメーションは1回まで、
「・」「。」は連続してはならない。「…」はOKなど細かく規定されています。


サイトについては、
長文のペラページ(1ページのみのセールスレターサイト)は、
審査に通らなくなりました。

心理的な危機意識をあおったり、
商品・サービスのメリットやベネフィットを
過剰に演出するような文章が含まれるサイト構成は即却下されます。


■ちなみに、アドワーズでは、何度も再審査を要請すると、
ドメインレベルでフラグが立ち、何をしても審査が通らなくなります。

そうなってしまうと、たとえポリシーに沿った変更を行っても、
二度とそのドメイン配下のサイトは通りません。


一方、Yahooの場合、(今のところ)何度再審査を要請しても、
自動で却下されることはなく、審査員の目視でチェックが行われています。




スポンサーサイト

Category: 俺の売れる仕組み

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: 写真  日記  画像  映画  ブログ  音楽  パソコン  目視 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。