05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

螺旋の進化 | グランドミュージック代表 松浦 祥一郎 のブログ

GrandMusic代表 松浦 祥一郎のブログ。
かりそめの日常も、螺旋状の進化であるべき。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

"やる気"に頼らない「続ける技術」 

意気込んで始めた勉強、
毎日続けようとつけ始めた日記

しかし、いつも3日坊主。


僕自身もいろんなことに興味があり、
好奇心旺盛なのは自分でもよいとは思うのですが、

そのぶん飽きっぽいところが
あるのが欠点だと認識しています(--;)


人間の意志なんて、実際のところトウフよりも軟なもので、
やる気やモチベーションに頼るとまず続きません。


物事の継続のポイントとしては、

「続けられる環境をいかに設定できるか」

が重要なんですね。


これは、行動科学マネジメントの
石田淳さんが言われていたことなのですが、

「ライバル行動」と
「ターゲット行動」の
使い分けが続ける要因になる
というんですね。


まず、「ライバル行動」とは、
何かの行動を妨害する原因のこと
をいいます。

たとえば、

■早起きができないのは
”夜更かし”をしてしまうから。

■仕事が効率的に進まないのは、
”先延ばしグセ”があるから。

日記をつけないのは、
”テレビを見てしまう”から

などです。


つまり、このようなライバル行動を減らすことで、
実行力がアップするはずというわけです。


「ターゲット行動」とは、
自分の改善すべき行動のこと
です。

仕事の効率化、早起きといった
具体的な不足行動をあげていくことで、
行動をどう改善していけばいいのかを明確化させます。

たとえば、

■電車で本を読むことにする。
■机ですごす時間を増やす。
■朝は今より30分早く起きる…など。


ようは、
ライバル行動を減らし、ターゲット行動を
増やすことで「続けられる」
というわけです。

あなたも継続したいことがあるなら、
ご自身の環境設定を考えられはいかがでしょうか?


「継続は力なり」であり、
「本当の力とは継続すること」

なのですよ。



「わたしは天才ではない。
ただ人より長くひとつのことと付き合ってきただけだ」
                         アインシュタイン


スポンサーサイト

Category: 進化のたわごと

Thread: 社長ブログ

Janre: ビジネス

Tag: 写真  日記  画像  映画  ブログ  音楽  パソコン  サイト  メール  アインシュタイン 
tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。